やり方・成功するコツ 置き換えダイエットおすすめ食品

新発見!ダイエット用スナック菓子(ガウビケス)を利用した置き換えダイエットとは?

投稿日:

どの方法で健康的に痩せる?

置き換えダイエットはスムーズなダイエットをサポートし、短期間で効果が期待できるダイエット法です。

ダイエットというとつらい食事制限や運動を伴うものと考えがちですが、置き換えダイエットなら忙しい生活のなかでも効率の良く実践することができるでしょう。

しかし、ダイエットはただ体重を落とせばよいというわけではありません。

カロリーを抑えながらも、できればバランスよく健康的な食事をしたいものですよね。

ここでは、置き換えダイエットにおすすめのダイエット食品と、生活スタイルに合わせた摂り入れ方を紹介していきます。

あなたはどのタイプ?

置き換えダイエットとひとまとめにいっても、目標期間や生活スタイルによって何をどのぐらい置き換えるかは人によって変わります。

自分のペースに合わせて無理のない目標を立て、上手に食事管理を行うことがダイエット成功の秘訣です。

 

1日1食を置き換える

1日のうち、カロリーが高くなりやすい昼食か夕食のどちらかを他の食品に置き換える方法です。

朝は「パンとコーヒー」や「フルーツとヨーグルト」など簡単な食事になることが多く、朝を置き換えてもあまり効果はないと考えられています。

そのため、1食置き換えダイエットをするのであれば、昼食か夕食を置き換えてカロリーダウンさせるのが最も効果的です。

 

食事前に空腹を満たしておく

空腹を感じた状態でそのまま食事をしてしまうと、食べ過ぎにつながりカロリーを多くとってしまいがちです。

食事の前に空腹を軽減させるものをあらかじめ摂取しておくと、その後の食事のカロリーオーバーを防ぐことができるでしょう。

 

間食を栄養のあるものに

間食といえば甘いおやつスナック菓子とあげる人も多いかもしれません。

しかし、このような嗜好品はエンプティーカロリーと呼ばれ、カロリーは高いが体にとって必要な栄養はほとんど摂れないというものばかりです。

間食を食事の1つと考え、食事だけでは不足してしまいがちな栄養素をしっかりとれる内容へと変えていくべきです。

 

「おやつが大好き!でもダイエットがしたい」そんなあなたにおすすめなのがガウビケス

ガウビケスは、低GI値のキヌアや小豆などスーパーフードと呼ばれる材料を主原料としたダイエット用のスナック菓子です。

ダイエット中のお菓子は絶対に禁止と決めてしまうとかえってストレスが溜まり失敗やリバウンドの原因となってしまいます。

ガウビケスは、「ダイエット中でもお菓子が食べたい。でもしっかり結果を出したい」というダイエット中のを解決してくれるスナック菓子といえるでしょう。

 

ガウビケスに含まれる原料と栄養素

キヌア

海外のセレブがダイエット食品として注目したのがきっかけで、日本でも認知度が高くなっています。

キヌアは俗にいう雑穀の仲間で、白米や玄米の約2倍のタンパク質、食物繊維、カルシウム、カリウムなど様々な栄養素が多く含まれています。

低GI値食品であり、血糖値を上げにくいので、ダイエットに効果があると考えられています。

小豆

日本でも親しみのある小豆は食物繊維やミネラル成分、ポリフェノールが豊富で、スーパーフードの一種と考えられています。

ポリフェノールは抗酸化作用があり、生活習慣病予防やアンチエイジングに役立つとされている成分です。

小豆に含まれるポリフェノールは赤ワインよりも多く、習慣的に摂取することで高い健康効果が望めるでしょう。

イヌリン

イヌリンは食物繊維の1種で、キクイモから抽出されます。

食物繊維には、血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑制する働きがあると考えられています。

脂質を多く含む食事の前に食物繊維をとると良いと考えられているのはこの効果によるものです。

ガウビケスを1日分3袋摂取すると、食物繊維ごぼう80g相当、カルシウムはモロヘイヤ120g相当、カリウムパセリ65g相当が摂取できます。

日本人は食物繊維やビタミンミネラルなどの微量栄養素が慢性的に不足していると問題視されています。

ガウビケスはこのような栄養面での問題を、大きくサポートしてくれることには間違いありません。

 

ガウビケスのダイエットポイント

カロリーが低い

ダイエットをする上で最も気になるのがカロリーではないでしょうか。

ガウビケスは不足しがちな栄養素を摂取しながらも、カロリーは1袋あたり77〜79kcalとなっています。

ご飯1杯(150g)のカロリーは約250kcalなので、ご飯をガウビケスに置き換えれば約半分ほどにカットできることがわかります。

 

しっかりとした噛みごたえ

ガウビケスの特徴としてカリカリとした食感が挙げられます。

スナック菓子を食べているような口当たりで、お菓子好きな人にはもちろん嬉しいですし、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、満足感も得られやすいでしょう。

 

味にバリエーションがあるので飽きにくい

同じものばかりを食べていると飽きてしまい、ダイエットのモチベーション低下につながります。

ガウビケスには3種類の味が用意されており、毎日食べても飽きにくいでしょう。

ガウビケスには甘い味付けもあるので、甘いものが好きな人も心配ありません。

ガウビケスはダイエット中に気になる栄養面心理面の懸念点を考慮し、開発されている食品です。

さまざまな工夫によってダイエットを成功へと導いてくれます。

特にお菓子が大好きでやめられない人にはぴったりのダイエット食品といえるでしょう。

 

ガウビケスをとり入れたダイエットパターンの紹介

それではここでガウビケスをどのようにダイエットにとり入れていけば良いのか、いくつかのパターンを紹介します。

①昼か夜の食事をガウビケスに置き換える

ガウビケスは1袋77〜79kcalとカロリーの低い食品です。

たとえば、1食800kcalの食事をガウビケスに置き換えると、700kcal以上ものカロリーをカットすることができるということになります。

この方法は、現在置き換えダイエットをしており、定番のスムージーやプロテインでは物足りないという方におすすめです。

 

②食事前に1袋食べる

食事前にガウビケスを食べておくと、胃が満たされてその後の食事の量を減らしやすくします。

この方法であれば無理に食事制限をしている感じがないので、精神的な負担も少ないでしょう。

とにかく簡単にダイエットがしたいという方におすすめの方法です。

 

③間食に置き換える

間食にスナック菓子を食べても、カロリーが高い割にあまり満足感を感じられないときもあります。

ガウビケスはしっかりとした噛みごたえがあるので、低カロリーながらも満足感が得られ、さらに栄養満点で言うことなしのおやつタイムを過ごせます。

この方法であれば他のダイエットをしている方でも併用して行うことができるでしょう。

今現在、他のダイエットに取り組んでいる方にもおすすめです。

 

ガウビケスは、今までにはないスナックタイプの新しいダイエット食品です。

おやつを我慢することもなく、ダイエット中の葛藤や辛いストレスから解放されます。

美味しく食べて、栄養満点、カロリーも低いとなれば活用しない手はないですよね。

ぜひ一度ガウビケスを試して、その素晴らしさを体験してみませんか?

 

2.ぞれでも空腹に勝てない時は・・・空腹そのものを紛らわす

空腹感が辛い場合寝れなかったりして辛いですよね。

空腹感をのものを紛らわす方法はこちらで詳しく解説しています↓

・置き換えダイエット中の空腹感が寝れないほど辛い場合の対処方法

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

監修者:片村優美

管理栄養士として病院に勤め、栄養指導や給食管理に従事。
その後独立し、フリーランスとして執筆活動や講座、料理教室
などを行っている。
食事に関しての正しい情報を伝えられるよう、
信頼できる機関や文献に基づいた執筆を心がけています。

-やり方・成功するコツ, 置き換えダイエットおすすめ食品

Copyright© 置き換えダイエットおすすめ人気ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.